うつ病について調べる│うつ病と診断されても対応できるように

女性

診察を受けよう

2人の看護師

精神科で診察を受ける

精神科で問診を行なってからうつ病と診断されますが、うつ病という自覚がない人が多いので他にも多くのうつ病の人がいるかもしれません。この病気は自覚しづらいという特徴があって、ただ疲れているだけという考えの人が多く見逃してしまうことが多いでしょう。疲れているだけと判断してしまい、気づいた時にはうつ病になっていたという人が多いです。間違った判断をしなければ、軽度のうつ病と診断されて適切な治療を行なって、すぐに治療することができたかもしれません。重度のうつ病と診断されてからでは遅いので、少しでもうつ病なのではないかと気づいた人は、すぐに精神科で受診することをおすすめします。精神科ではうつ病なのかどうか診断するために様々な検査と問診を行ないます。問診は受診した人の家族構成や今までの職歴やどのような仕事をしてきたのか質問されるでしょう。それ以外にはタバコを吸うのか、お酒は飲むのかなどの質問をします。これらの質問はあまりうつ病と関係ないと思われがちですが、このような些細な情報がうつ病と判断するために必要なことなので、受診した人は全ての質問に正直に答えるようにしましょう。質問を適当に答えてしまうと正確に診断することができず、治療することができなくなってしまい最悪の場合は、今よりもうつ病が悪化する恐れがあります。すぐに治療したいと考えるならば、質問をはぐらかさないようにして自分のことを全部説明しましょう。問診以外には尿検査をしたり体重や血圧を測ったりします。尿検査では最近服用した薬の副作用で、うつ病になってしまったのではないかと判断することができるのです。また、うつ病と診断される人の多くが、体重や血圧に大きな変化があるので測定を行ないます。精神科によってはこれらの検査以外に、CTスキャンなどを使用して脳波の測定を行なう所があるのです。これらを使用することでより正確に、うつ病と診断することができるのでこのような設備がある精神科で検査を受けましょう。

家族と一緒に診察を受ける

精神科でうつ病の検査と問診を受ける時は、できるだけ家族と一緒に病院にいくようにしてください。うつ病と診断される人は、治療のためとはいえ初対面の医師に心を開くことはありません。心を開かないということは、問診の際に質問に答えることができないということです。正確なことを知らないと診断することができないので、うつ病の種類や治療法を見つけることができないでしょう。家族の人がいれば、受診しに来た人が客観的に見てどのような状態なのか知ることができますし、家族がいることによって少しは患者さんが落ち着くので、一対一という緊張を持たずに問診を受けることができるのです。一人で受診してうつ病と診断されても、それを受けとめることができない場合があります。うつ病の人は、判断するための思考能力が低下しているので診断結果だけでなく治療についての話し合いをすることができないのです。家族の人がいれば、患者さんの代わりに診断結果を聞くことができますし、これからどのような治療をしていけばいいのか把握することができます。家族の人がいることで診察をスムーズに行なうことができるため、一人での受診はできるだけ避けて家族の人に協力してもらいましょう。