うつ病について調べる│うつ病と診断されても対応できるように

女性

様々なうつ病がある

カウンセリング

皆がイメージするうつ病

うつ病にはいろいろな種類があって、それぞれ症状が違うのでうつ病と診断された人は自分がどの種類のうつ病なのか確認しましょう。うつ病の中でも多くの人がなるといわれているものは、大うつ病性障害といわれている種類です。大うつ病性障害はずっと憂うつで虚しい気分でいて、マイナスな感情ばかりで不快感を持っている状態が続くという症状があります。このような状態を抑うつ状態といい、他には興味関心がなくなって何をしても喜ぶことができなくなってしまうのです。このような状態は朝からずっと続いてしまい、それが二週間以上続いてしまうと大うつ病性障害と診断されます。これら以外には、普段よりも焦るようになったり、仕事中に思考が止まってしまったりする症状も大うつ病性障害の一つです。仕事でミスをしないようにと異常に焦ってしまい、ミスをしてしまうとそこで頭が真っ白になるなどのことが起きます。また、自分がしてしまったミスを引きずってしまい、それが原因でまた焦って失敗してしまうという悪循環に陥ってしまうでしょう。このような精神的な症状だけでなく、身体にもいろいろな症状が起きてしまいます。眠れなくなったり、眠ってもちょっとした音で起きてしまうという睡眠障害、身体の至る所に痛みを感じるようになって、たまに身体が痺れるなどの症状が起きてしまうのです。このような症状が現れたらすぐに精神科にいくようにしましょう。

二つのうつ病

他のうつ病には双極性障害というものがあって、これはうつ状態と躁状態の二つが繰り返して起きてしまうことです。躁状態とはうつ状態とは真逆のもので、普段よりも気持ちが高揚している状態のことをいいます。この状態になってしまうと、睡眠を取らなくても普通に活動することができるのです。大うつ病性障害では眠れないことを気にしますが、眠れなくてもテンションの高い状態を維持し続けることができます。普段よりも仕事に取り組むことができ、いろいろな発想をすることができますが集中力がいつもより欠けているので、最後まで仕事を行なうことはできないのです。それだけではなく、常に人に喋りかけている状態になっています。一人だけでなく手当たり次第に喋りかけているので、周りを困らせてしまう恐れがあるのです。それ以外には気持ちが高ぶっているせいで、資金のことを気にせずに何でも購入したり、ものを壊してしまうような社会的に問題がある行為をします。常にテンションの高い状態を躁状態といい、この状態が続いてしまうと職場の同僚からの信頼を失ってしまい仕事を失ってしまうでしょう。信頼を失ってしまうと社会的信用を失って家庭にも影響を与える恐れがあります。気持ちが高ぶっている状態と、気持ちが沈んでいる状態が交互に起こることから双極性障害といわれるようになったのです。双極性障害は大うつ病性障害と診断されることが多く、大うつ病性障害と診断して治療を行なうと病気を治すことがあります。正確な診断をするために医師に、気持ちが高ぶる時と沈んでいる時があることを伝えましょう。そうすれば他の病気と間違えることなく、双極性障害と診断することができ的確な治療をすることができるのです。