うつ病について調べる│うつ病と診断されても対応できるように

女性

様々な治療方法

女性

薬を使用して治療する

精神科でうつ病の診察を受けずにいると、どんどん悪化していきうつ病による症状が心と身体に表れ始めた状態を極期といいます。極期と診断された患者さんは、自分のことを責めだして自分には価値がないと考えこむようになっていくのです。このような極期と診断された患者さんは、治療を行なうために薬を使用した薬物療法を行ないます。この薬物療法では、脳から分泌されるセロトニンとノルアドレナリンをサポートするための薬を使用するのです。この二つが一気に軽減してしまうことが原因で、うつ病と診断されてしまうので薬によってうつ病を改善していくのです。この薬は飲んですぐに効果が表れる訳ではなく、飲み始めてから二週間以上後に効き目があります。そのため、効果がないと判断して途中で薬の服用を辞めてしまう人がいるかもしれません。途中で辞めてしまうと治療することはできませんし、人によっては悪化してしまいより重度なうつ病と診断されるでしょう。そのようなことにならないために、うつ病に効く薬はずっと飲み続けるようにして、医師から服用しなくてもいいと判断されるまでは飲み続けることが大事です。うつ病と診断された患者さんの中には、ずっと不安な状態が続いたり、眠れなくなったりする人がいます。そのような患者さんには、抗不安薬や睡眠導入剤を処方して問題を解消するでしょう。

会話をして治療する

うつ病と診断された患者さんは、薬物療法以外に精神療法という治療を行ないます。この精神療法とは医師やカウンセラーと対話することで、患者さんの心を癒やして少しずつ回復することができる治療なのです。人間関係が原因でストレスを溜めてしまい、それによってうつ病と診断された患者さんは、この精神療法を行なうことで、人との接し方を見つめ直していくことができます。精神療法は精神科によって取り入れている治療が異なっているのです。ある病院では、臨床心理士一人と他にもうつ病と診断された患者さんの数名で、精神療法を行なっているのです。この治療では、他の人と対話することで患者さんの意見や気持ちを確認して、他の人に伝えることができるようにします。この話し合いでは、話し合いを続けることが大切で結論は出なくても問題はありません。自分と同じようにうつ病と診断された人の話を聞くことで、他の患者さんがどのような考え方をしているのか、どのように感じて受け止めているのかを知ることができます。他の人の感じ方を知る人はいい刺激になるということで、多くの病院が取り入れているでしょう。他の人と接することができない状態の人は、臨床心理士と一対一で対話する方法があります。これなら周りの目を気にすることもないので、落ち着いて対話を行なうことができるのです。